個別のブログ記事を出力する

個別のブログ記事を出力する

WordPressで個別のブログ記事を出力するにはWordPressループを使用します。

WordPressループは、WordPressの核となる機能で、これを使うことによりデータベースに格納されている情報の中から表示すべきものがあるかを確認し、情報があった場合にはこれを表示させるための機能です。

WordPressループの基本的な形

WordPressの基本的な形はPHPで次のように記述します。

<?php if( have_posts() ): ?>
  <?php while( have_posts() ): the_post(); ?>

  <!-- 条件に合う投稿があった場合に出力する内容を記述 -->

  <?php endwhile; ?>
<?php else: ?>

  <!-- 条件に合う投稿がなかった場合に出力する内容を記述 -->

<?php endif; ?>

WordPressループでは、1行目の「have_posts()」で表示する内容がデータベースにあるかを確認し、2行目からのwhile文で内容を出力します。

while文は、条件に一致する内容がある間は繰り返し処理を行う命令文ですが、個別のブログ記事を出力する場合には、基本的にはタイトルや本文などを1度しか出力しません。しかし、WordPressループはアーカイブページなどで記事一覧を出力する場合などにも使用できるため、その場合は条件に一致する内容がある間は繰り返し出力を行います。

タイトルと本文を出力する

WordPressループを使用して個別投稿ページでタイトルと本文を出力するには次のように記述します。

<?php if( have_posts() ): ?>
  <?php while( have_posts() ): the_post(); ?>
  
  <h2><?php the_title(); ?></h2>
  <?php the_content(); ?>
  
  <?php endwhile; ?>
<?php else: ?>
  
  <p>投稿はありません。</p>
  
<?php endif; ?>

WordPressループを個別投稿ページで使用した場合は、「the_title();」で記事のタイトル、「the_content();」で記事の本文が出力されます。このとき、「the_content();」で出力した記事の内容は自動的にpタグで囲まれます。

検索

MENU

サンプルコード集

Webの基礎知識

coming soon…

  • コンテンツ制作中
PAGE TOP