ドメインとは?

ドメインとは?

ドメインとは、インターネット上の住所のようなもので、ホームページなどのサーバーを特定するために利用される名前のことです。インターネットでホームページを閲覧したり、電子メールを送ったりするときに必要となります。

ドメインの構成

たとえば「www.example.com 」というドメインがあったとします。

このとき、ドメインはドットで区切り、右から順に、「com」を第一レベルドメイン(トップレベルドメイン)、「example」を第二レベルドメイン(セカンドレベルドメイン)、「www」を第三レベルドメイン(サードレベルドメイン)と呼びます。また、一番左の「www」はサブドメインと呼ぶこともあります。

ドメインの構成

なお、「www.example.co.jp」のような場合は、「jp」が第一レベルドメイン、「co」が第二レベルドメイン、「example」が第三レベルドメイン、「www」が第四レベルドメイン(サブドメイン)となります。

トップレベルドメイン(TLD)

「www.example.com 」では「com」の部分がトップレベルドメインとなります。トップレベルドメインは、組織や団体、地域などを表します。

世界中で最も登録数が多いとされる「.com」は、商用などの意味をもつ単語「commercial」を略したもので、認知度やブランド力を意識する個人や法人の商用向けとされています。

また地域を表すドメインの場合、たとえば「.jp」は日本向けのドメインとなっており、日本国内に常設の連絡先を持っていることが登録の条件となっています。

なおトップレベルドメインには、「.com」や「.net」などのような分野別トップレベルドメイン(gTLD)や、「.jp」などのような国コードトップレベルドメイン(ccTLD)のほか、インターネットインフラ用のトップレベルドメイン(Infrastructure TLD)があります。

セカンドレベルドメイン(SLD)

「www.example.com 」では「example」の部分がセカンドレベルドメインとなります。

この部分には企業名やサービス名を表す単語にすることが多く、他の人と同じ名前を利用することはできません。ドメインの使用権は基本的には先着順となっています。そのため、すでに使いたいドメインが取得されていた場合は、別のドメイン名にするか契約者が解除するのを待つしかありません。

サブドメイン

「www」の部分がサブドメインとなります。

サブドメインは「 www」 であれば Webサーバー、「mail」であればメールサーバーというようにサーバーの役割を表現するために利用されたりします。

サブドメイン

このほかにも、たとえばブログであることを表現するために、サブドメインを「blog」にしたり、テスト用のサーバーであることを示すためにサブドメインを「test」にしたりするなどの使い方をすることもあります。このようにサブドメインに好きな名前を付けることで管理しやすくなります。

近年では、サブドメインを使わずにトップレベルドメインとサブレベルドメインの二つで運用することが多くなっています。

ドメインとIPアドレス

ドメインは人間にとって意味のある単語などを使用することで、サーバーなどを管理しやすくしています。しかし、これは人間にとって管理しやすいだけで、コンピューターにとってはもっと管理しやすい方法があります。それが、IPアドレスです。

人間にとって管理しやすいドメインと、コンピューターにとって管理しやすいIPアドレス。この二つを紐づけているのがDNSという仕組みです。

つまり、インターネットで ホームページなどにアクセスするときには、 まず ドメイン名を ブラウザなどに入力します。そして、このDNSという仕組みでドメイン名をIPアドレスに変換し、そのIPアドレスを元に ホームページなどを表示しています。

検索

MENU

サンプルコード集

Webの基礎知識

coming soon…

  • コンテンツ制作中
PAGE TOP