関数の定義と呼び出し

関数の定義と呼び出し

関数とは、様々な処理をまとめて行い、その結果を返す仕組みのことです。JavaScriptでは、functionで関数を定義し名前をつけておくことで、後から必要な場所で関数を呼び出すことができます。

複数の処理を関数として1つにまとめておくことで、何度も同じ処理を記述する必要がなくなるので効率がよく、スペルミスなどを防ぐこともできます。また、関数を一度作ってしまえば、別のプログラムに使い回すこともできます。

関数の定義

関数を使うには、まず「関数の定義」を行わなければなりません。

関数の定義の基本形

function 関数名(引数) {

処理の内容…
処理の内容…

return 戻り値;

}

関数を定義するにはfunctionで宣言し、その後に任意の関数名と受け取る引数を設定します。

引数は、カンマ区切りで何個でも受け取ることができます。また、受け取らないこともできます。

関数の呼び出し元に処理結果を返したいときには、returnの後に戻り値を与えますが、処理結果が不要な場合は戻り値を省略することができます。

関数の例①

function plus(a, b) {
  const result = a + b;
  return result;
}

上の例では、plusという関数を宣言し、aとbの2つの引数を受け取ります。受け取った引数は関数の中で足し算され、resultという定数に渡された後、returnで関数の呼び出し元に結果を返します。

また、次の例のように引数を受け取らず、returnによる結果を返さない関数も定義することができます。

関数の例②

function hello() {
  console.log('こんにちは');
}

上の例ではreturnによる返り値はありませんが、関数helloが呼び出されると、処理内容が実行され「こんにちは」と出力します。

関数の呼び出し

定義した関数を呼び出すには、関数を使いたい場所で「関数名(引数)」とします。引数が複数必要な場合は、カンマ区切りで必要な数だけ引数を記入します。また、引数が必要がない場合は、カッコの中は空にしておきます。

関数の定義と呼び出し①

//関数の定義
function max(a, b) {
  if(a > b) {
    return a;
  } else {
    return b;
  }
}

//関数の呼び出し(結果:200)
const x = max(100, 200);
console.log(x);

上の例では、関数maxに2つの値を渡し、大きい方の値を返しています。

関数の定義と呼び出し②

//関数の定義
function hello(name) {
  console.log('こんにちは' + name + 'さん')
}

//関数の呼び出し
hello('太郎');

上の例では、関数helloの引数に名前(太郎)を入力して呼び出すと、「こんにちは太郎さん」と出力します。

検索

MENU

サンプルコード集

Webの基礎知識

coming soon…

  • コンテンツ制作中
PAGE TOP