変数と定数の使い方

JavaScriptなどのプログミング言語で数値や文字列などの値を利用する場合、それらに名前をつけて繰り返し使えるようにしたものを「変数」や「定数」と呼びます。プログラミングのテキストなどでは、変数や定数のことを「数値や文字列などを格納しておく箱」と表現されることもあります。

変数と定数

変数と定数の違いは、変数は一度格納した値を何度でも変更できるのに対して、定数は一度代入した値を後から変更することはできません。

変数の使い方

JavaScriptで変数を使うには、変数を宣言し、その変数に値を代入する必要があります。

変数を宣言するには、変数名の前にletをつけて「let 変数名;」とすることで、これ以降は変数が使えるようになります。

変数に値を代入するには「変数名 = 値」とします。このとき、数値を代入する場合はそのまま数値を半角文字で書き、文字列を代入する場合はダブルクォーテーション(” 〜 “)またはシングルクォーテーション(‘ 〜 ‘)で囲います。

また、変数の宣言と代入を同時に行うこともできます。その場合は「let 変数名 = “値の代入”;」となります。

変数名の付け方

JavaScriptの変数名には半角英数字、ドル記号($)、アンダーバー(_)が使用できます。1文字目には数字は使用できず、予約語も利用できません。

予約後とはJavaScriptにとって特別な意味を持った単語のことで、変数を宣言するための「let」なども予約後なので変数名として使用することはできません。

これらの基本的なルールに従えばどのような変数名にしてもプログラムは動作しますが、できるだけ、その変数が何の変数なのかがわかるような名前をつけるようにしてください。

また、JavaScriptでは変数名をつける場合は小文字、定数名をつける場合は大文字にしてわかりやすくすることが慣習的に行われているほか、会社やチームなどによって命名規則などを取り決めている場合もあります。

変数の使用例

//変数「name」に名前を代入する
let name = "名前太郎";
//変数「name」の値を出力する
console.log(name);

変数の使用例②

//変数同士の足し算
let number1 = 100;
let number2 = 200;
let sum = number1 + number2;

//結果を表示(答えは300)
console.log(sum);

定数の使い方

JavaScriptで定数を使うには、変数と同じように定数を宣言しなければなりません。ただし、定数の宣言は「let」ではなく「const」を使用します。また、使用方法も変数と同じように使うことができますが、変数では何度でも値を再代入できるのに対して、定数では一度代入した値を変更することはできません。

定数の使用例

//定数「NAME」に名前を代入する
const NAME = "名前太郎";
//定数「NAME」の値を出力する
console.log(NAME);

変数と定数の違い

//変数は再代入できる
let name = "猫介";
name = "犬太郎";

//定数は再代入できない(エラーとなる)
const NAME = "熊五郎";
NAME = "虎之助"; //ここでエラー

検索

MENU

サンプルコード集

Webの基礎知識

coming soon…

  • コンテンツ制作中
PAGE TOP