CSSを使用するメリット

現在、Webページを作る場合、背景色や文字の色・大きさなどといったスタイルに関することはHTMLファイルとは別にCSS(Cascading Style Sheets)を用意することが一般的です。しかし、一昔前はHTMLのタグや属性でスタイルを指定していました。また、現在でもCSSを利用しなくても、ある程度のレイアウトは整えることができてしまいます。なぜ、現在はCSSを利用することが一般的となっているのでしょうか?CSSを使うことのメリットをいくつか紹介します。

HTMLの文書構造が簡潔になる

HTMLで文書のスタイルを指定すると文書構造が複雑になってしまいます。CSSを使うことによって、「文書構造を担当するHTML」と「見た目を担当するCSS」に分けることができ、簡潔な文書構造となります。また、文書構造が簡潔になることで検索エンジンなどにも理解しやすい構造となりSEOにも効果的です。

ページの統一性

一つのCSSファイルを複数のページに適用することで、サイト内のデザインを統一することが容易になります。また、デザインを変更したい場合も一つのCSSファイルを修正するだけで複数のHTMLファイルに適用することができるため、メンテナンス性が向上します。

多彩なデザインが可能

CSSを利用することでHTML単体ではできなかった詳細なスタイルの指定が可能となり、より複雑でよ多彩なデザインが可能となります。また、パソコンやスマートフォンなどのメディアごとにスタイルを指定することもできるためレスポンシブデザインも容易になります。

検索

MENU

サンプルコード集

Webの基礎知識

coming soon…

  • コンテンツ制作中
PAGE TOP