Wi-Fi(ワイファイ)

Wi-Fi(ワイファイ)

パソコンやスマートフォンなどをWi-Fiに接続してインターネットを楽しんでいる人も多いと思います。しかし、この「Wi-Fi」とは何なのでしょうか。これに接続したらインターネットに繋がることはわかっていても、改めて「Wi-Fiって何」と聞かれても、すぐに答えられる人は少ないかもしれません。

Wi-Fiとは

従来はインターネットに接続したい機器をLANケーブルを使ってルーターと接続していましたが、現在ではケーブルを使わずに無線電波によってパソコンやスマートフォンをインターネットに接続することが一般的になっています。

このとき、パソコンやスマートフォンなどの機器とルーターの間を繋ぐ無線の規格を「無線LAN」や「Wi-Fi」などと呼びます。

無線LANとWi-Fi

現在では無線LANとWi-Fiは、ほぼ同じ意味で使われています。しかしWi-Fiとは、無線LANの規格の一つでしかありません。

無線LANが登場した当初は規格が定まっておらず、製品によっては相互に接続できないものも多くありました。それでは不便であり、一般ユーザーに普及を図るにも問題があったため、規格を統一するための団体「Wireless Ethernet Compatibility Alliance (WECA) 」が1999年に発足しました。

WECAは2002年に「Wi-Fi Alliance」に改名され、現在ではこの団体が認定した機器のみがWi-Fiのロゴを使用することを許されています。

Wi-Fiの通信規格

現在、一般的に普及しているWi-Fiの通信規格には6種類あります。周波数の帯域で分けると、5GHz帯と2.4GHz帯の2つがあります。それぞれの周波数帯に2つずつ規格があり、さらに両方の周波数帯で使える規格が2つあり、全部で6種類です。

IEEE 802.11b

策定時期:1999年10月
最大通信速度:11Mbps
周波数帯:2.4GHz

パソコン用の無線LAN規格として、一般的に広く普及した最初の規格でした。現在でもパソコンのほか、スマートフォンやゲーム機など多くの機器が、この規格に対応しています。

IEEE 802.11a

策定時期:1999年10月
最大通信速度:54Mbps
周波数帯:5GHz

IEEE 802.11bとほぼ同時期に策定された規格で、11bよりも高速な通信速度54Mbpsを実現しました。しかし、11bとは互換性がなく、また、当時の日本では電波法によって屋外での使用が禁止されていたことなど、課題も多くありました。

IEEE 802.11g

策定時期:1993年6月
最大通信速度:54Mbps
周波数帯:2.4GHz

IEEE 802.11aと同じ54Mbpsの通信速度を、2.4GHz帯で実現したことから、11bと互換性を保ちつつ通信速度の向上を実現しました。

IEEE 802.11n(Wi-Fi 4)

策定時期:2009年9月
最大通信速度:600Mbps
周波数帯:2.4GHz / 5GHz

IEEE 802.11nはMIMO(multiple-input and multiple-output)などの技術を使い、これまでの規格よりも通信速度を大きく上げ、さらに2.4GHzと5GHzの両方の周波数帯に対応しました。11nの規格で採用されたMIMOでは、送信と受信にそれぞれ最大4本ずつのアンテナを使い通信品質を上げています。

IEEE 802.11ac(Wi-Fi 5)

策定時期:2013年12月
最大通信速度:6.9Gbps
周波数帯:5GHz

2013年に登場したIEEE 802.11acは、11nよりもさらに10倍以上の通信速度を実現しました。また、11acでは「ビームフォーミング」という電波の指向性を高める技術を採用し、受信エリアを拡大しています。

IEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)

策定時期:2019年1月
最大通信速度:9.6Gbps
周波数帯:2.4GHz / 5GHz

2019年に登場したIEEE 802.11axは、2.4GHzと5GHzの両方の周波数帯に対応し9.6Gbpsの通信速度を実現しました。さらに、マルチユーザーMIMO(MU-MIMO)などの技術により実効スループットが従来よりも向上しています。また、直交周波数分割多元接続(OFDMA)という技術も使われ、通信の安定性が向上しています。

検索

MENU

サンプルコード集

Webの基礎知識

coming soon…

  • コンテンツ制作中
PAGE TOP